ボトックスとヒアルロン酸

美容医療に詳しくなくてもボトックスとヒアルロン酸という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ボトックスとヒアルロン酸の違いを大雑把に表現すると、

ボトックス 動きを止める

ヒアルロン酸 ふくらませる

ということになります。

眉間の縦シワや目じりの笑いシワのような表情シワは、筋肉が動いて収縮することで現れます。ボトックスは筋肉の収縮を少なくして表情によるシワを目立たなくします。

表情にかかわらずできているシワ、つまり動きに関係なくても存在するシワに対してはヒアルロン酸で谷間を持ち上げてシワを目立たなくします。

文章で書くと簡単そうに思えますが、現実にはそれぞれ長所短所があります。

効果の持続は使用する量や体質によって差がありますが、3~4か月です。よく、ずっと続けないといけないといわれるのですが、美容室でカットやカラーリングも同じように効果を維持しようとすれば続ける必要があります。

また、シワは表情を繰り返すうちに折り目がしっかりついてしまうようなものですが、そうなると簡単には消えにくくなります。しっかり折り目が付く前に、定期的に折り目の部分を休ませることでアンチエイジングとしてしわが深くなることを遠ざけることができます。

副作用は使用方法を守って使用すればほとんどありません。ボトックスを注射すると目が重くなったとか表情が無くなった、目つきが悪くなったという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは注入する部位と量に原因があります。注入前に筋肉の動きを確認して行えば回避できることです。

また、効果には個人差がありますので、初回は少量から開始して反応を見ながら必要であれば増量すれば不快な思いをすることはありません。内出血は血管の位置や出血しやすさにより生じることはありますが、これは注射を用いる施術全てにおいて共通です。

筋肉に作用する薬ですので筋肉に関連のある疾患をお持ちの方、アレルギー体質の方はあらかじめご相談ください。

ヒアルロン酸はある程度の硬さを持たせたジェルです。整形外科などでひざの関節に潤滑油のように注入しているのをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

美容外科で使用するヒアルロン酸は様々な硬さのタイプがあり、使用目的に合わせて選びます。例えば鼻やアゴのように骨の形を変化させるためには硬いものを使用し、額や眉間など皮膚の浅い部分に注入する場合にはやわらかいものを選びます。最近では広く浅く注入し、皮膚表面にハリ感を出す水光(すいこう)注射などにも使用されます。持続期間は注入する部位や注入量、回数により異なります。

良く動く口の周りや眉間などはすぐに吸収されたように見えますが、実際は周囲に移動して徐々に吸収されます。そのため、ボトックスが使用できる部位ではあらかじめボトックスを注射した後にヒアルロン酸を使用したほうが筋肉による移動が起きにくくなり効果が持続します。

副作用としては内出血ですが、まれに起こりうるものとしては血管の閉塞による皮膚への血行障害、アレルギー反応、シコリ、線維化などがあります。注入部位を慎重に選んだり、ある程度期間をおいて注入するよう心がけます。

重要なことはご希望に対して最適な材料を無理しない量だけ使用するということだと思います。また、なかなか自分の顔を自分で客観的に判断することは難しい場合があります。

まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 045-290-3810

アンチエイジングの方法として、ご検討してみてはいかがでしょうか。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ