院長コラム

ふたえ切開か眉下切開か。

まぶたのたるみを改善する手術として通常のふたえラインを切開する方が良いか、眉毛の下で切開する方法がいいか、

ご相談をいただくことがよくあります。

 

それぞれ一長一短があります。

ふたえラインを切開する方法は目頭側から目じり側まで直接切開を行って皮膚を除去できるので

大きく変化させることができます。

一方の眉毛下で切開する方法では二重のラインから距離があるため特に目頭側では変化を出しにくい場合があります。

反対にあまり変化しすぎても困る、という方や目じりのたるみだけ気になるような方には眉下の切開が良いと思います。

それはふたえラインの切開に比べて腫れが軽度なのでダウンタイムが短いからです。

 

たるみの手術として切らない埋没法はどうでしょうか。

これは皮膚がどの程度余っているかにより異なります。

皮膚のあまりが多い場合、手術直後の腫れている時期はふたえでもその後短期間で皮膚かぶさって

元に戻ってきやすい傾向にあります。

 

パーフェクトな方法というのはなかなかありません。

人それぞれに適した方法があります。