院長コラム

光老化

だんだんと紫外線の強さを感じる日が増えてきました。
梅雨の頃が一年で一番紫外線が強まるともいわれています。
お肌も紫外線に慣れていないため、反応が強く現れるようです。

光老化という言葉をご存知でしょうか?
紫外線により皮膚の老化現象が現れることです。

紫外線と言えばシミと考えますが、それだけではありません。
紫外線により皮膚のバネ構造、弾力を維持する細胞もダメージを受けることがわかっています。
皮膚の弾力が無くなると、タルミやシワができやすくなってしまいます。

怖いですね。

紫外線は夏だけではなく一年中降り注いでいます。
日ごろから日焼け止めや帽子、日傘などでお肌を保護しましょう。

美容が気になる方にはいろいろな治療と同じくらい日々の紫外線対策は重要です。

(体内でビタミンDを作るためには紫外線を浴びることが必要とされていますが、
一日に手のひら2枚くらいの面積で20分程度浴びればよいとされています)