院長コラム

粉瘤(ふんりゅう)かな?と思ったら!

粉瘤(粉瘤)は皮膚の内側に袋ができ、粉っぽい老廃物が溜まる良性の腫瘍(できもの)です。

小さいうちは丸くて固いシコリで痛みなどの症状がないので放置されることが多いですが

その袋が内容物を産生するため、だんだん大きくなってくることが多いです。

大きくなってくると体にとっては邪魔な存在ですので炎症を起こして袋を破り体の外に出そうとする変化が起こることになります。

 

炎症とは赤く腫れ痛みや熱感を伴う状態です。

炎症状態になるとそれだけで痛いですが、麻酔も効きかなくなり、腫れに伴って腫瘍の範囲もわからなくなるので手術をしても取り残し再発しやすくなります。

そのため粉瘤の手術を行うのであれば炎症の起きる前が良いです。

麻酔も効きやすいので手術後の痛みも軽くて済みます。

不運にも粉瘤が炎症状態になった場合はまず皮膚の一部に出口を作り炎症物質とともに溜まった粉瘤の内容を押し出します。粉瘤の大きさによっては繰り返し処置を行い炎症が治まってから手術を計画します。

炎症が治まった時点で放置しておくことも可能ですが、粉瘤の袋が内容の成分を産生するため再発する恐れがありますので、袋を取り除く手術を行った方が安心です。

症状がない粉瘤は放置しがちですが、小さいうちの方が手術の傷も短く、麻酔自体の痛みも少なくて済みます。

粉瘤かな、と思ったらまずは一度診察を受けられることをお勧めいたします。