院長コラム

良くいただく質問 眉下切開によるたるみ取り

最近、眉毛の下で皮膚を切除して上まぶたのたるみを改善する手術を受けるが

増えています。

従来のふたえのラインで切開してたるみを改善する方法よりも腫れが少なく、

イメージが変わりすぎることもないのが理由だと思います。

 

眉下切開の方法で良くいただく質問は

「眉毛の位置が下がるのでは?」

ということです。

 

たるみの程度には個人差がありますが、

多い人になると1センチ以上の幅で皮膚が切除できます。

単純に考えると皮膚が1センチ以上移動することになり、眉毛が下がるのでは?と、

心配になるのも当然です。

 

確かに眉毛は移動します。

とはいえ、まぶたのたるみ取りを検討している人は、ある程度皮膚が伸び、

額の筋肉で眉毛を上に持ち上げた状態になっていることがほとんどです。

つまり、眉毛は移動するもののもともと上へ移動していたところから以前の位置に戻ってくる、といえます。

 

たるみの程度やご希望のイメージは人それぞれですので、

カウンセリングの際に良く意見を交換して方針を決めることが満足への近道です。