目じりのたるみ、気になりませんか?

まぶたは人間の体で最も皮膚が薄く、たるみやすい部分です。アイメークを繰り返し行ったり、花粉症で目をこすったりすることを繰り返すことで、年齢にかかわらずまぶたが下がってくることがあります。

まぶたのたるみはまず目じりに現れ、老けてきた印象を与えます。目じりのしわが長く深くなる、ふたえのラインが狭くなる、目が小さく見える、まぶたを額の筋肉で持ち上げようとするためおでこにシワが入る、などいろいろな老化現象を引き起こしてしまいます。

目じりのたるみを改善する方法は様々ですが、最近注目を浴びているのが「眉下リフト」です。

眉下リフトの長所

  • 腫れにくい
  • ばれにくい
  • ダウンタイムが短い
  • メークで傷を隠しやすい

眼の周囲は変化すると印象が変わりやすい部分です。人に知られず若返りたい、という人に眉下リフトは適しています。

通常のまぶたのたるみ取り手術はふたえのラインを切開しますので、ふたえのラインに変化が起こります。さらに、ふたえ部分の皮膚は人間の体で最も薄く、伸びやすいため腫れが目立ちます。

でも、眉下リフトではふたえの部分にはメスを入れませんのでふたえのラインそのものは変化しません。また、眉毛近くの皮膚はふたえの部分の皮膚と比べると厚みがあり、腫れてもふたえ部分の皮膚ほどは膨らみません。さらに、傷が治るまでは眉毛を描くペンで隠しやすいことも利点です。

眉下リフトの短所

  • ひとえの人をふたえにする手術ではない
  • 大きな変化はない
  • 眉毛が下がったように感じることがある
  • 眉毛の形が変化することがある

ふたえの部分を切開しないため、眉下切開手術でひとえまぶたの人がふたえになることはありません。たるみを取るついでに二重にしたい場合はふたえの部分を切開する通常のたるみ取り手術を行うことになります。

眉下切開法の長所でもある大きくイメージが変わらないということは、はっきりイメージチェンジしたいというご希望の方には物足りなく感じる場合もあります。

眉下切開では、眉毛の下のラインに沿ってたるんだ皮膚を除去します。そのため眉毛近くの皮膚が移動するため多少眉毛のラインが変わって感じる場合もあります。手術の際に普段描いている眉毛を参考にデザインすることである程度回避することができます。

手術方法について

1.カウンセリングとデザイン

眉毛の形・まぶたのたるみ方は人それぞれですので、あなたに合わせたオーダーメイドでデザインします。この時、ある程度は理想の眉毛の形に合わせることも可能ですので、遠慮なく希望をお伝えください。

2.麻酔

歯医者さんのような局所麻酔です。麻酔が効くまでには時間がかかりますが、可能な限り痛くならないよう、ゆっくりと時間をかけて麻酔を行います。ゆっくりと時間をかけて麻酔が効くのを待つことにより、麻酔の効果がアップします。

3.手術

デザインに合わせて切開をし、丁寧に縫合します。形成外科的な方法で縫合し、表面の糸は目立たない透明な糸を使用します。手術は2時間程度です。

4.術後の処置と抜糸

内出血と腫れを軽減するため、ガーゼを当ててお帰りいただきます。手術当日は大きめのサングラスや帽子をご用意いただくとガーゼを隠しやすいです。ガーゼは翌日の診察の時に取り外し、抜糸は5~7日後です。抜糸後から傷の部分へのメークが可能です。

5.経過の観察

傷は半年から1年かけて治ります。特に手術後1ヶ月目は傷が赤くなったり硬くなったりしやすい時期ですが、その間は茶色系の眉ペンシルを使用するとカバーしやすいと思います。その頃に診察を行い、必要に応じてお薬を処方することもあります。

お気軽にお問い合わせください。 045-290-3810

アンチエイジングの方法として、眉下リフトをご検討してみてはいかがでしょうか。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ