目頭切開とは?

蒙古ヒダ(もうこひだ)、という言葉をご存知ですか。アジア系の人種では目頭側の皮膚が下方向に引っ張られがちな構造をしている人が多く、引っ張られた皮膚が目の内側を隠すようになっている部分を蒙古ヒダと呼びます。

蒙古ヒダがあると白目の部分の面積が少なくなり目が小さく見えることと、実際より両側の目の間隔が広く見えるためやや幼い印象に見られたり、ふたえのラインが下方向への皮膚により末広型になりやすかったりという影響を及ぼします。

目頭切開は、平行型のふたえを希望する方、少しでも目を大きく見せたい方のための手術です。

手術方法について

先に書いた蒙古ヒダ部分の皮膚を移動、変形させるのが目頭切開です。

目頭切開の方法には様々な方法がありますが、当院では傷跡と見た目の自然さを考慮したZ形成術を基本として独自に工夫した方法で行っています。皮膚の切除量、傷の長さがほかの方法と比較して少なく、傷が目立ちにくい方法です。蒙古ヒダ部分の形成のためだけではなく、末広型ふたえの方を平行型にする目的で行うこともあります。

ほんの数ミリの変化で顔の印象は変わってしまいます。お顔全体の自然なバランスというものもあり、手術を受ける人のイメージを損なわないようにデザインすることが大切です。

歯科で行うような局所麻酔で行い、7日後に抜糸となります。体質にもよりますが、目頭の部分は手術後に赤みのある期間が長くなる場合があります。ケロイド体質の方は医師、スタッフにお申し出ください。

お気軽にお問い合わせください。 045-290-3810

ふたえの手術との組み合わせも可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ